<   2005年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヒトラー暗殺未遂事件④ ~広がる反ヒトラー網~

1943年は敗北の年だったが、1944年がそれ以上良くなる見込みはなかった。
大西洋からドン河そしてシチリア島から連合軍は一歩一歩圧力をかけてきた。
参謀本部とOKH,そしてOKW対外防諜局、それにベルギー及び北フランス地区司令官の

ファルケンハウゼン歩兵大将(元中華民国軍事顧問)と
パリの地区司令官
シュトゥルプナーゲル大将、さらには敵の侵攻に備えて北フランスに配置されていたロンメル元帥シュパイデル中将のB軍集団司令部内でも
広く枝を張った抵抗派とのパイプが出来上がっていた。
だがこれは将軍と参謀将校段階での組織網であって、
目的達成のために実戦部隊を掌握できているかどうかについては自信が無かった。
d0042460_11585674.gif
d0042460_1203059.jpg











(写真左よりAlexander von Falkenhausen、Karl-Heinrich von Stuelpnagel )

参謀本部内では
作戦課長ホイジンンガー少将、編成課長シュティーフ少将、西方外国軍課長レンネ中佐、そして陸軍通信連絡局長フェルギーベル中将などが内通者の中に数えられた。
ベルリン地区ではSSが強力な軍隊を持っていたが、国防軍の軍事教練学校は
デベリッツ、クランプニッツ、ユーテンボルク、ヴンスドルフで質の高い兵力を提供した。
ヘルドルフ伯指揮下のベルリン警察隊、
市司令官パウル・フォン・ハーゼ将軍も反ナチにかかわっていた。

だが戦況はますます悪化していった。
6月6日、英米の大陸侵攻軍がノルマンディーに上陸したのである。
ここに西部戦線が現実のものとなった。ロンメルと幕僚たちは在フランスの各司令官たちと協調しつつ、ひそかに西側諸国と休戦の交渉に入ることを画策していたが、フランスで戦いが始まったことによって、そのような考えは一切が幻となった。
東部戦線ではドイツ中央軍集団が「白ルテニア大戦闘」で完全に壊滅し、
いよいよソ連軍が東プロイセンの国境に迫りつつあった。
ドイツ本土の上空は米英軍機に支配されていた。英空軍は大都市に対する夜間の銃弾爆撃を、
米空軍は昼間に生産拠点と交通要衝などの「ポイント目標」への攻撃を繰り返した。

戦争は負けであった。
元陸軍総司令官フリッチュとベックは、
来るべき戦争では陸軍こそが決定的な要素になると考えていたが、
それは真実ではなかった。逆にこれは陰謀者にとって真実となった。
なぜならば軍人による反ヒトラー陰謀においては、陸軍だけが頼りなのである。
数的に極めて強力な空軍も海軍もこの件についてはまったく計算の中に入れられていない。
[PR]
by suzakugawara | 2005-07-29 21:19 | 出来事

ヒトラー暗殺未遂事件③ ~ワレキューレ作戦~

OKH総務局長オルプリヒト大将は自分の参謀長にシュタウフェンベルクを希望した。
この措置のおかげでシュタウフェンベルクは
国内予備軍のキー・ポジションに配置され、陰謀計画を着々と発展させていった。
d0042460_20314487.jpg

そして同計画には二つの同時進行的な作戦があったことが知られている。
ヒトラーの暗殺と、ヒムラーやゲーリング、SSからドイツ国家を完全に奪取することである。
43年夏に、陰謀計画におけるシュタウフェンベルクの中心的役割を認めていたベックとゲルゲラーは、ヒトラー暗殺後の権力掌握と特にベルリン奪取計画を練るよう彼に要請した。

「ワレキューレ作戦」の名で知られるこの計画は、
見事に考案されたカバーストーリーであり、同時にベルリン奪取計画であった。
オルプリヒト大将の参謀長としてシュタウフェンベルクはまったく公然と、
ベルリン地区で強制労働に従事している何千という外国人労働者の万が一の反乱、
敵落下傘部隊の降下などに備えて、政府関係の主要なビルや電話・通信センター、
ラジオ局などを押さえるために、ベルリン守備隊を動かす非常計画を立案した。
これは作戦本来の目的を隠す隠れ蓑であった。
さらに同作戦はSS部隊に対しても備えが出来ていたのである。
そしてシュタウフェンベルクはクーデターの指揮だけでなく、ヒトラー暗殺の実行も引き受けた。
なぜなら、彼例外には誰もこの恐ろしい仕事をやり遂げられるような機会がなく、
またその意志も持ち合わせていなかったからである。
[PR]
by suzakugawara | 2005-07-28 20:43 | 出来事

ヒトラー暗殺未遂事件② ~シュタウフェンベルク~

1943年暮れまでに、ゲシュタポとSD(保安諜報部)によって
ドイツ国内の反ヒトラー派の大部分が一掃され、国内の反対派は混乱状態に陥っていた。
ヒムラーの最初の効果的な一撃で、43年4月に
ディートリヒ・ボンヘーファー、
ヨーゼフ・ミュラー、ハンス・ドーナニー
が逮捕された。d0042460_1623503.jpg

d0042460_1620498.gif

d0042460_16244335.jpg






  
  (写真左よりDietrich Bonhoeffer、Joseph Mueller、Hans von Dohnanyi )

 軍の不穏グループに対してはさらに徹底的な調査が行われ、
防諜局参謀長の
ハンス・オスター大佐に嫌疑がかけられ、その後停職処分となる。
同時期、
フォン・ハンマーシュタイン将軍が死亡、
最もヒトラー打倒に熱意を燃やす
ルートヴィッヒ・ベック元参謀総長
癌の手術のため予断を許さぬ状態となっていた。
d0042460_16491114.jpg
d0042460_16501381.jpg
d0042460_16505573.jpg


 

 

                     (写真左よりHans Oster、Kurt von Hammerstein-Equord、 Ludwig Beck )
 さらにSDの腕利きの捜査官である
シェレンベルクSS少将はいくつかの反ナチ組織に潜入することに成功。1944年1月、モルトケ伯爵
ハンナ・ゾルフの会のメンバーが逮捕され、翌月、国防軍諜報部長カナリス提督が解任された。

d0042460_16575132.gifd0042460_16582699.jpg






               (写真左よりHelmuth von Moltke 、Wilhelm Canaris )
 このような状況下においてヒトラーを殺害、
もしくは権力の座から引きずりおろすつもりなら、新しい推進勢力が必要であった。
そこで白羽の矢が立ったのが、
クラウス・シェンク・フォン・シュタウフェンベルク伯爵である。
d0042460_16175776.jpg
Claus von Stauffenberg

彼は1907年にヴュルテンベルク大公国の高官の子として生まれ、
その後ヴァイマル共和国の騎兵将校となった。その後昇進を重ね、
38年には、特別に選ばれた187人の参謀本部メンバーの一人に任命された。
39年に、陸軍総司令官ブラウヒッチュに反ナチの息を吹きかけようとしていた

フリードリッヒ・フォン・シュレンベルク伯爵に近づきを求められたが拒絶した。
おそらくは他の若手将校と同様、戦争が近いことを知り、
勝利の人を魅了する魔力に心を引かれていたのだろう。

戦争初期、シュタウフェンベルクはフランスやソ連、北アフリカなどを転戦。
1943年4月、チュニスで重傷を負い、片目と右手、左手の2本の指を失った。
負傷からの回復期にヒトラーを排除、すなわち殺害することによってドイツを救わなければならないと決意し、持てる情熱のすべてを傾けてヒトラー打倒を目指すようになった。

運命はこの彼にドイツの将来の変革実現を託したのであった。
[PR]
by suzakugawara | 2005-07-24 14:01 | 出来事

ヒトラー暗殺未遂事件① ~暗殺計画~

1944年7月20日のヒトラー暗殺を狙った事件よりも前に、
ヒトラー暗殺計画は30回以上も企てられていた。

そのもっとも代表的なものは2つあり、1つ目は1943年3月13日に

フォン・トレシュコウ少将が仕組んだヒトラー暗殺の試みの、

スモレンスクの陰謀(別名:電光作戦)である。
d0042460_20313211.jpg
                    Henning von Tresckow

この計画は
ゲルゲラー元ライプチヒ市長オルブリヒト陸軍歩兵大将
トレシュコウ少将の副官シュラーブレンドルフ中尉が関与し、
ヒトラーをスモレンスク地区の軍司令部におびき出して殺害する、というものであった。
最終的にはヒトラーの搭乗機にブランデーのびんを装った包みに、
2個の爆弾を仕掛けることに決定した。しかし爆弾は技術上の問題から爆発せず、
ヒトラーが無事にラシュテンブルクに着いたとき、
爆弾はシュラーブレンドルフによって機体からはずされた。
この計画は明るみに出ることはなく、再度ヒトラー殺害の日が決められることとなった。


2つ目はスモレンスクの陰謀から1週間後に決行された。
この計画を
英雄記念日暗殺計画という。
陰謀者たちは次の作戦にベルリンの兵器博物館で執り行なわれる
[戦没将兵慰霊のための]英雄記念日式典の日にを選んだ。
同式典にはヒトラーはもちろんのこと、
ボルマンをはじめとする政府、党要人数名の参列が予定されていた。

作戦としてはヒトラーのオーバーコートのポケットに爆弾を仕掛けるというものであったが、
ヒトラーのスケジュール変更と爆弾の技術的問題により計画は失敗した。

d0042460_21142224.jpg
                    Carl Friedrich Goerdeler

d0042460_2119269.jpg
                      Friedrich Olbricht
[PR]
by suzakugawara | 2005-07-23 20:57 | 出来事