ヒトラー暗殺未遂事件② ~シュタウフェンベルク~

1943年暮れまでに、ゲシュタポとSD(保安諜報部)によって
ドイツ国内の反ヒトラー派の大部分が一掃され、国内の反対派は混乱状態に陥っていた。
ヒムラーの最初の効果的な一撃で、43年4月に
ディートリヒ・ボンヘーファー、
ヨーゼフ・ミュラー、ハンス・ドーナニー
が逮捕された。d0042460_1623503.jpg

d0042460_1620498.gif

d0042460_16244335.jpg






  
  (写真左よりDietrich Bonhoeffer、Joseph Mueller、Hans von Dohnanyi )

 軍の不穏グループに対してはさらに徹底的な調査が行われ、
防諜局参謀長の
ハンス・オスター大佐に嫌疑がかけられ、その後停職処分となる。
同時期、
フォン・ハンマーシュタイン将軍が死亡、
最もヒトラー打倒に熱意を燃やす
ルートヴィッヒ・ベック元参謀総長
癌の手術のため予断を許さぬ状態となっていた。
d0042460_16491114.jpg
d0042460_16501381.jpg
d0042460_16505573.jpg


 

 

                     (写真左よりHans Oster、Kurt von Hammerstein-Equord、 Ludwig Beck )
 さらにSDの腕利きの捜査官である
シェレンベルクSS少将はいくつかの反ナチ組織に潜入することに成功。1944年1月、モルトケ伯爵ハンナ・ゾルフの会のメンバーが逮捕され、翌月、国防軍諜報部長カナリス提督が解任された。

d0042460_16575132.gifd0042460_16582699.jpg






               (写真左よりHelmuth von Moltke 、Wilhelm Canaris )
 このような状況下においてヒトラーを殺害、
もしくは権力の座から引きずりおろすつもりなら、新しい推進勢力が必要であった。
そこで白羽の矢が立ったのが、
クラウス・シェンク・フォン・シュタウフェンベルク伯爵である。
d0042460_16175776.jpg
Claus von Stauffenberg

彼は1907年にヴュルテンベルク大公国の高官の子として生まれ、
その後ヴァイマル共和国の騎兵将校となった。その後昇進を重ね、
38年には、特別に選ばれた187人の参謀本部メンバーの一人に任命された。
39年に、陸軍総司令官ブラウヒッチュに反ナチの息を吹きかけようとしていた

フリードリッヒ・フォン・シュレンベルク伯爵に近づきを求められたが拒絶した。
おそらくは他の若手将校と同様、戦争が近いことを知り、
勝利の人を魅了する魔力に心を引かれていたのだろう。

戦争初期、シュタウフェンベルクはフランスやソ連、北アフリカなどを転戦。
1943年4月、チュニスで重傷を負い、片目と右手、左手の2本の指を失った。
負傷からの回復期にヒトラーを排除、すなわち殺害することによってドイツを救わなければならないと決意し、持てる情熱のすべてを傾けてヒトラー打倒を目指すようになった。

運命はこの彼にドイツの将来の変革実現を託したのであった。
[PR]
by suzakugawara | 2005-07-24 14:01 | 出来事
<< ヒトラー暗殺未遂事件③ ~ワレ... ヒトラー暗殺未遂事件① ~暗殺計画~ >>